<< 高橋先生のブログに! | main | 民話紙芝居〜星合いの浜 >>
民話紙芝居〜星合いの浜◆

間が空いてしまいましたが、
17日の紙芝居の続きです。
この紙芝居は、七夕限定上演の予定だったのですが、
都合により、その日上演することができませんでした。

というわけで、このブログで、唯一日の目を見ることができる
紙芝居ということになります。
ここを逃すと、もう見ることはできないかもしれません。
最後まで、ぜひぜひご覧くださいね。 


::::::::::::::::::::::::::

星合いの浜




:::::::::::::::

せやけどなあ
あんまりなかがよすぎて 二人とも
そっつも仕事せんようになってしもた

おり姫がはたをおらんもんで 神さんらの服がぼろぼろになってしもて
彦星が牛の世話をせんもんで 牛らが みなびょうきになってしもた

ほんでもう 神様は、かんかんにおこってなあ
彦星を 川の向こうに放り出したったんや

::::::::::::::::::

| 三重の昔話 | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

カウンター

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH